98%が実感する!痩せたい40代女性のダイエット成功例まとめ

太ったから痩せたい!キレイになりたい!産後のシェイプアップだって大丈夫!40代でも遅くない!筋トレや運動を取り入れたり、食事を気を付けたり、オススメサプリを使ってのダイエット方法をご紹介!あなたの理想のカラダを目指しましょう!

40代から始める水泳でダイエットするならクロールが一番!

 

40代でダイエットをして少しでも痩せたい、余計な脂肪を落としたいと思う方は多くおられると思います。

ダイエットをする際に、運動をして痩せようと思う方も多くいます。

運動にもランニングやウォーキング、スポーツなどいろんな運動をしてダイエットをすることができます。

ただ、運動をしても効率よく痩せることができるかは運動の内容によります。

たくさん運動してもカロリーの消費が上手くいかないこともあり、ただ疲れてしまうだけのこともあります。

運動をしてダイエットするのに効率が良いのは水泳です。水泳は全身運動になるので、効率よく痩せることができます。

また、水泳にもいろんな泳ぎ方がありますがクロールが1番良い方法です。

その理由を紹介します。

40代のダイエットで水泳のクロールが良い理由とは!

f:id:diet0110:20180513223608j:plain

40代でダイエットを行う際に水泳はとても効率的です。

水泳ダイエットはクロールや平泳ぎが泳げなくても、水の中を歩いているだけで脂肪を燃焼させることができるからです。

また、ダイエットをする際に筋トレや激しい運動を短時間するよりも、軽いものを長時間する方がダイエットに効果があるので、その点水泳は40代の方でも行いやすい運動になります。

もちろん、泳ぐことができるならば水泳をして運動した方がさらに痩せることができます。

水泳で最もカロリーを消費するのはクロールになります。

クロールは他の泳ぎ方よりも動きが大きく、全体を使って泳ぐので体を大きく使うことができます。

クロールの消費カロリーは1時間で最大1300キロカロリーも消費することができます。

日常の生活でも1300キロもカロリーを消費することはあまり無いので、クロールならばかなりのカロリーを消費できます。

また、クロールだからといって早く泳ごうと考える必要がありません。

長時間持続させて泳ぐことが大事なので、ゆっくりとクロールで泳いでおくことが良いです。

200メートルほど泳ぐと脂肪が燃焼しやすい状態になるので、それ以上の距離を泳ぐことができるように、息継ぎをしっかり行なって、疲れが出てこないように体力の調整もしておくことが大事になります。

200メートル先からどれだけ泳いだかによって、カロリー消費が決まってきます。

平泳ぎよりもカロリー消費するので、クロールがおすすめできます。

40代のダイエットで水泳が良い理由とは何か?

f:id:diet0110:20180628225201j:plain

40代の方がダイエットに水泳をおすすめするのは理由がいくつかあります。

1つは体の負担を少なくすることができるからです。

陸上で行うウォーキングやランニングなどはカロリーを消費することができますが、カロリーの消費は水泳よりも少なく、また足腰に負担が大きくかかります。

足腰に負担がかかれば、ダイエットできたとしても体を痛めてしまうことに繋がるので体に害が及ぶことがあります。

40代ならば負担はさらに大きくなります。

その点水泳は水中で浮力があり、体の重さが軽減されるため、体を傷めることなく、ダイエットをすることができます。

また水中は水温が低いので、体が脂肪をエネルギーに変えようと温める効果もあるため、脂肪の燃焼効果も高まります。

初心者の方でも、誰でも行いやすいので、40代からダイエットを始めても大丈夫です。

また、水泳ならば健康的に痩せることもできます。

水泳をすることで血流を良くして、体の老廃物物を外に出していくことができます。

水の力は強くて1.3トンもの圧力がかかるので、水圧によって全身がマッサージされている効果を得ることができるようになり、血流を促進させることができます。

エステなどに通ってマッサージを受ける効果も水泳を行うことで同じような効果を得られることもできます。

以上の点から、40代の方でも水泳ならば体に負担をかけずに、健康的にダイエットをすることができるので、水泳をしてダイエットすることをおすすめできます。

40代の方がダイエットをする際に効率よくダイエットするには

f:id:diet0110:20180430072358p:plain

40代の方がダイエットとしての効果を得たいと思うならば、クロールをすることが1番効率が良い方法です。

体全体を使うため、体のあらゆる脂肪を燃焼させることができますし、平泳ぎや水中ウォーキングよりも脂肪の燃焼が違います。

ただ、クロールをしてダイエットする際に無理をないようにすべきです。

いきなり自分の体力の限界を超えるような仕方で泳いでも長続きせず、すぐに終わってしまいます。

200メートル先から脂肪の燃焼が良くなってきますが、体力的に厳しいならば200メートル泳げなくても大丈夫です。

無理をせずに自分のできる範囲から徐々に距離を伸ばして持続させていくことが大事になります。

また、クロールも正確なフォームで行う必要があるので、クロールの正確なフォームで泳げるように練習することも大事です。

正確なフォームであれば脂肪の燃焼効率も向上します。慌てずに1つ1つの動作を丁寧にしていくことで効率が上がるはずです。

クロールと聞くと難しいと思うかもしれませんが、少し練習すれば誰もが泳ぐことができるようになります。

クロールをしてダイエットすれば、カロリーを消費できますが、同じカロリーを食事で摂取すると意味がないので、食事の点も注意すべきです。

広告を非表示にする